JSKE’18にて研究成果を発表しました

 第20回日本感性工学会大会にて、林が研究成果を発表しました。
 ちょぼたん研究所では、セラピー効果を引き出す上で、芯まで柔らかい触感は必要不可欠であると提言しておりますが、そもそも、柔らかい触感と硬い触感のセラピーロボットでは、どのような違いがあるのか、心理的・生理的ストレス緩和効果と印象に絞って比較検証した結果を報告しました。
 本発表の内容は、2019年2月発行予定の
日本感性工学会論文誌第18巻1号の第20回大会特集号に掲載される予定ですので、興味のある方は、是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です