MENU

セラピーロボットの設計指針

セラピー効果をうたったロボットは多数流通しています。
しかし、セラピー効果を引き出す要素は明確化されていないため、開発者の感性に頼った商品が多いのが現状です。

ちょぼたん研究所では、セラピー効果を引き出す上で重要な要素を抽出する研究を進めています。
抽出した要素は、セラピーロボット「ちょぼたん」シリーズに応用し、その効果を確認しております。
最終的には、セラピーロボットの設計指針として提案したいと考えております。

セラピーロボットの設計指針に関連する最近の研究テーマを紹介します。

Importance of Physical Embodiment

 ロボット・セラピーは、動物の代わりにロボットとふれあうことにより、アニマル・セラピーと同様の効果を得ようとする試みです。一方、少し前に「ねこあつめ」というスマホアプリが爆発的な人気を博しましたが、アプリ利用者の多くが癒しを感じていたことから、CGキャラクタも動物の代わりとなり得ると考えられます。そこで、左図のロボットとCGキャラクタを使用し、物理的なふれあいを可能とする身体性とセラピー効果(ストレス緩和効果)の関係を明確化する検証を実施しました。
 ストレス負荷をかけた後とロボット、もしくはCGキャラクタとふれあった後のストレス状態を、アンケートと脳波により数値化し、変化量を算出した結果が右図です。身体性を持つロボットの方が、緊張の緩和、活気の向上、α波(リラックス状態の時に増加)の増加効果が高いことが確認できます。したがって、セラピー効果を引き出す上で物理的なふれあいを可能とする身体性は重要であると言えます。
 一方で、CGキャラクタの方が信頼性に関する印象が良いことから、ロボットとCGキャラクタの使い分けは、場面に応じて判断する必要があることも確認しました。
[関連文献]

Importance of Soft Tactility

 セラピーロボットの側面を有する商品は多数流通していますが、その触感は様々です。「パロ」のように柔らかい触感のロボット、「aibo」のように硬い触感のロボット…。触感とセラピー効果は密接な関係にあると言われていますが、それを明確化した研究は少なく、開発者の感性に頼っているため、多種多様な触感のセラピーロボットが登場してしまっているのです。こうした現状を鑑み、左図の2体のロボットを使用し、柔らかい触感とセラピー効果(ストレス緩和効果)の関係を明確化する検証を実施しました。
 ストレス負荷をかけた後とロボットとふれあった後のストレス状態を、アンケートと脳波により数値化し、変化量を算出した結果が右図です。柔らかいロボットの方が、特に緊張の緩和、抑鬱の緩和、活気の向上、α波(リラックス状態の時に増加)の増加効果が高いことが確認できます。また、検証の中で、柔らかいロボットのモフモフ感により、ふれあう意欲の低下を抑制できる可能性についても明らかとなりました。したがって、セラピー効果を引き出す上でモフモフと称されるような柔らかい触感は重要であると言えます。
[関連文献]

Importance of Subjective Sensory Weight

 セラピーロボットを利用されている方々から、ロボットの軽量化を期待する声を耳にします。確かに、軽いとふれあい易そうですが、赤ちゃんを連想させる重さにした「パロ」の癒しの高さを無視することはできませんし、セラピーロボットに適した重さについて、検証する必要がありそうです。
 重さに限らず人は、期待から一定の範囲を超えると、必要以上に評価を誇張する傾向にあります。このような傾向は、同化-対比理論(左図)として知られています。期待通りの重さと感じた人と期待外れの重さと感じた人では、セラピー効果にも差が生じるのではないでしょうか?そこで、期待通りの重さと感じた人と期待外れの重さと感じた人のセラピー効果(ストレス緩和効果)を比較する検証を実施しました。
 ストレス負荷をかけた後とロボットとふれあった後のストレス状態を、アンケートと脳波により数値化し、変化量を算出した結果が右図です。期待通りの重さと感じた人の方が、抑鬱の緩和、怒りの緩和、混乱の緩和効果が高いことが確認できます。したがって、セラピー効果を引き出す上で期待通りの重さと感じさせることは重要であると言えます。サイズが同程度の商品を参考にしたり、予備実験を実施したり、重さにバリエーションをいくつか用意してユーザに気に入ったものを選んでもらう等といった方法がありそうです。
[関連文献]

詳細をお問合せいただく場合は、こちらまで。

error: Content is protected !!